レンゴー株式会社様:商材カタログ用のトリックアート画像ができるまで

めずらしいお仕事として
トリックアートの制作をご紹介いたします。

イラストの案件で何度かお仕事させていただいたことのある
株式会社ミームの方よりお電話をいただきました。
ダンボールを扱うレンゴー株式会社様の商材に
精細な印刷が可能なダンボールがあり、その印刷の美しさ伝える画像として
トリックアートが効果的ではないかと企画されたようです。

「トリックアートって描けます?」とのご相談。
未経験ではありましたが
詳しい内容をうかがった上で、作れそうだと判断し
「やってみます!」とお返事をしました。

ゴールとしては
“ダンボール箱を突き破ってイルカが飛び出し、少年ビックリ!”
というシチュエーションの写真を撮り、カタログに掲載するとのこと。

まずはラフを描き、制作の材料となるイメージに近い参考写真を探しました。
理想的な「突き破られたダンボール」という写真がなかなか見つからず
結果としてダンボールは一から描き起こしました。

「ダンボールが突きやぶれるものなのか」という疑問を感じさせるような違和感が出ないように
参考資料として送っていただいた実物のダンボールから、段ボールの厚さを把握し
「内側から破られたダンボール」を想像して描きました。

「トリックアート」の本質は「脳が間違って認識する」ではないかと考えながら
イメージして、悩んで、やってみて、直してを繰り返しながら制作し、無事納品。
段ボールの印刷技術と、子役の演技と、カメラマンさんの腕のおかげもあって
後日頂いたご連絡では「イメージ通りに仕上がった」とうかがい、ホッとしました。

新しいチャレンジであっても
“伝わる絵づくり”という大きな枠で捉えれば
求められていることは、今までのイラスト・図版制作と同じこと。
満足していただけるものを作ることができて良かったです。

デザインコンビビア

お問い合わせはこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です