山田の土いじり:7月下旬

さてトマト。

間が空いてしまいました。

実はここ何週か早起きができておりません。

パカっと目を開けるともう7時過ぎ。

ありがたいことに日当たりの良い土地なので

カンカンに照りまくっております。

すでに親は一仕事を終え部屋で涼んでおります。

いや~

誘引や追肥をしないといけないのだが

この日差しの下に出ていく気になれない。

決めた。8月7日(日)の早朝にやります。

というブログでは手を抜きすぎかと思うので

ちょっと時系列に写真を並べてみました。

まずはプランター編

01
02

こちらは路地植えの三世代目

だいたい週単位の成長具合ですが

植物の成長は人の時間と違いめざましい。

故に、虫や鳥、天候、環境の影響を受けやすいとも言えて

状態の変調に気付いてすぐに対応をしていかないと

あっという間に枯れてしまう。

(最初に路地植えに挑んだあいつらのように。涙)

日々の変化でもいちいち大変なのだなぁ。

ニュースで自然災害が取り上げられると

交通機関や道路、街や住宅の様子が報道のほとんど。

最も影響を受けるであろう農家の苦労は、

わりと苦労して当たり前のように

思われているのかも。

育ててみると、色々気づくし思うところもある。

国際農研の取り組みとか、応援したくなる。

というわけで、

父が毎朝見て回っているからこそのミニトマトなんだな。

自分が週1回、ちょろっと作業するだけで成長するわけではない。

文責:やまだ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です