手仕事の証

会社の引き出しの奥にずっと入ったままだった
この「ちびっちょい」鉛筆たち。
先日家に持って帰って来ました。
いつから入っていたのかも記憶にないぐらいです。

ずいぶん前に会社で見せたときに
「もう捨てたら?」と言われたことも。
それでもやっぱり捨てられませんでした。

もうむかし、むかしのことです。
かつてレイアウトと言えば
見本帳を見ながら書体を選び
割付用紙に鉛筆と三角定規を使っての作業でした。

毎朝出勤すると、始業前にカッターで鉛筆を削り
1日が始まりました。
その日の作業段取りなどを考えながら
何本も何本も削っていたように思います。

私は鉛筆ホルダーを使って
ギリギリまで書くのが好きでした(どこまで使えるか!)。

いずれ溜まったら、
まとめて捨てようと思い、袋に入れていたのに
いざ溜まると、やっぱり捨てられませんでした。

いつか可愛い瓶を見つけて、入れてあげたい
そんな思いをずっと持っていました。
先日やっと「彼ら」の居場所が見つかりました。
入れてみるとなんか可愛い!
蓋を開けて眺めて見ても、やっぱり可愛い!

ここには私が仕事をした時間が
確かに詰まってる。
そんな愛おしい気持ちになるのです。

文・沢田寛子

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です