エイデル研究所様:「陸別が好き。」ができるまで

コンビビアの過去のお仕事ご紹介



陸別が好き。

現在は子ども関係の書籍を多く出版されているエイデル研究所様。
実は以前、こんなお仕事もご一緒させていただいたことがあります。


「陸別が好き。」は
“日本一寒い町”や“星空の街”として知られる
北海道陸別町のフリーマガジンです。
2015年に発行されています。

陸別町で暮らし働く女性たちや
イベント「しばれフェスティバル」を運営する人たちなど
陸別町を愛し活動する人々にスポットライトを当てた
インタビュー記事などが掲載されています。


編集者の方が陸別町とつながりがあり
その方の「陸別町をもっといろんな人に知って欲しい。そして移住者を増やしたい。」
という強い想いから立ち上がった企画でした。
普段の定期刊行物のやりとりから、弊社にお声掛けいただきました。

お打ち合わせにて、全体のコンセプト、総ページ数と
大まかな台割りをご説明いただきました。
そこからは、コンセプトに沿ったデザイン案をご提案。
デザイン案に合わせて原稿を微調整。
調整いただいた原稿に合わせてデザインも更にブラッシュアップ。
と、お互いに調整を繰り返しながら
一緒に作り上げていきました。


「働く女性にスポットを当てたい」
「女性誌っぽいテイストを取り入れたい」
とのご要望をいただいておりましたので
女性誌を分析し、白を基調にした爽やかな誌面を心がけました。

出来上がった本は
とても喜んでいただくことができました。

陸別が好き。vol.2

当初は1冊限りだった企画が、大変好評につき「vol.2」の制作が決まり
また制作をお願いしたいとのご連絡をいただきました。
ご期待に応えるものをご提案できたのだと、心より嬉しく思いました。
デザイナー冥利につきます。

vol.2制作の際には取材に同行させてくださり、陸別町を案内してくださいました。
町の方々も「陸別が好き。」を大変喜んでいる様子が伝わってきました。
お店や施設に置いておくと、あっという間に無くなってしまうという
嬉しいご報告も伺うことができました。


このフリーマガジンが生まれるにあたっては
「陸別町の冬は日本一寒い。けれどそこで暮らす人々は日本一暖かい」
「地域そのものよりも、そこで暮らす人、働く人たちのことを伝えたい」
という、とても明確なコンセプトと強い「想い」がありました。


コンセプトの明確さ、想いの強さは
形を持った時の魅力に直結する大切な要素と考えています。

ぜひ想いをお聞かせください。
私たちはその熱い想いがより多くの人に伝わるように
形を与えるお手伝いをいたします。

文:大友

デザインコンビビア

お問い合わせはこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です