「栄港建設さんの経営指針をまとめた小冊子の挿絵イラスト」ができるまで

栄港建設さんの経営指針をまとめた冊子の中の、

挿絵イラストを描かせていただきました。

きっかけは「今日近くまで行くから、コンビビアに寄っていくね」という

コンビビアのOB、岡野祐三さんからのご連絡でした。

久々にコンビビアにいらっしゃった岡野さんを囲み、ワイワイと皆でおしゃべりをしていると、

沢田さん(コンビビアのラッキーガール)が、「そういえば」と、最近出来上がった

イエス・キリストの系図の手ぬぐい」を岡野さんにプレゼントしてくれました。

ふと手渡された手ぬぐいのイラストを岡野さんが見て

「このタッチで、イラスト描ける?」とお願いをしてくださったのが

今回のイラストでした。

岡野さんから詳しくお話を聞くと

「栄港建設さんが、新しい経営指針をまとめたイラスト入りのコンパクトな冊子を作る」ということで

岡野さんはその冊子全体のデザインとディレクターを担うということでした。

そしてそのイラストを誰に頼もうか考えていたそうです。

そんな時にタイミングよく沢田さんから渡された手ぬぐいのおかげで、

イラストがかけることになったのです。

こういう風に仕事につながるのか…と、感動しました。

沢田さんに、大感謝です…!

さて、仕事の流れとしては

ラフを描く↓

岡野さんに見ていただく↓

栄港建設の皆さんにも見ていただく↓

修正、アドバイス、アイデアをいただく↓

それを受けてラフをまた描く

ということを何度か繰り返し、進めていきました。

ラフ、アイデア出し

イラストのご要望としては

「手ぬぐいのゆるい柔らかいタッチで」ということ

「イラストを小さく扱うのでシンプルに」ということ

を含めながら描いていく必要がありました。

文章を読み、理解し、それをどうイラストにして表現するかを考え、描き起こしました。

一つの言葉から、イメージできるものは人それぞれで、

栄港建設の方々と岡野さんのイメージするものを一つのイラストにまとめるということは

私にとっては、難しいことでもありましたが、裏で

山田さん(コンビビアの頼れるアートディレクター)の全面サポートのおかげで

ラフに少しずつOKが出ていき、無事イラストが完成いたしました。

栄港建設さんの方々の反応はどうだったかと

まだ詳しく聞けていませんが

栄港建設の方々のこの一冊の込めたあつい思いが

伝わるお手伝いができたのではと思います。

コンビビアでは「伝えたいこと」を

難しい内容でもデザインやイラストでわかりやすく

届けられる技術がありますので、「誰かに伝えたい」「わかりやすくしたい」

「知って欲しい」という思いがある時はぜひご相談ください。

文:堀


デザインコンビビア

お問い合わせはこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です