よろずや文具店

ツーリング、今回もまた400km以上という長めの距離を行ってまいりました。


今回の目的地は国道299号のメルヘン街道。
途中、秩父から長野へ抜けるあたりが通行止になっていたので
長野までは国道254号を通り、向かいました。


今回は道中、少し寄り道をしました。

群馬県を走っていて気になったのは
「よろずや文具店」


遠くからでも文具店の主張が強い…
でも色の効果もあって、なんか良い感じ。
少し丸みを帯びた明朝体で柔らかい感じ。


文房具大好きな私としては
寄らないわけにはいきますまい。


入り口に、のれん。
平仮名の「よ」と丸窓を組み合わせた様な
シンボルマークも、可愛らしい雰囲気です。


店内にも、筆が豊富だったり
「和」を意識されている箇所を見受けられました。


しっかりブランディングされてますね。
まんまと立ち寄りたくなってしまった(^ ^;)


店内はゆったりした雰囲気でした。
通路も広く確保されていて、落ち着いてのんびり見られる感じです。


1階が文具、2階がプリント用紙などのオフィス用品。
商品ジャンルは広く扱っているものの
一ジャンル辺りの商品数は少し絞っているように感じました。


文具店だけども、セレクトショップのような印象を受けました。
網羅的に扱うわけで無く
時期や地域に合わせて、店員さんが
本当に「良い」と感じたものを仕入れて、取り扱っている感じ。

商品のポップも凝っていたり
近くにある冨岡製紙工場とのコラボ文具があったり
至る所に拘りを感じるお店。


そして、このお店には作業スペースが設けられています。
道具も少し置いてあって、店内で購入したものを
そのままオリジナルにカスタマイズしたり工作したり


きっと、この形に至るまで色んな工夫をされたんだろうな〜と想像します。


これは良いお店を見つけました。

惜しむらくは私の自宅から
片道3時間以上掛かってしまう立地でしょうか。
また来たい。


こういうお店のブランディングとかやってみたいな〜と思ってしまいます。
このブログをご覧になっている方で
もし文具店を起ち上げるご予定のある方は、是非、是非。


もちろん文具店以外も大歓迎でございます。


この後は、こんにゃくパークへ立ち寄りました。
それはまたの機会に。

大友

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です