poem to art

「NHKハート展」は

障がいをもつ人が詩をつづり、
その詩から思いを受けとったアーティストや著名人が
ハートモチーフのアートを制作するという
コラボレーション作品の展覧会です。
毎年開催されていますが
実際に訪れたのは今年が初めてでした。
障害の有無や、あらゆる境遇の違いに関わらず
ひとは皆、一人ひとりが全く異なる
素晴らしい表現の世界を持っているということを強く感じました。
まっすぐで圧倒的な言葉の力に心が震え
何度も何度も、感動の涙……。
詩の隣に並んだアートにも
素晴らしい作品がたくさんありましたが、
ふだん読む機会が少ないからか
詩という表現がこんなに魅力的だということが
とても新鮮な驚きでした。
コンビビアの皆が
それぞれ共感できる作品が違ったのも面白い!
年齢や周りの環境などで共通項を見つけて
深く共感できた人もいるようです。
これから毎年、足を運びたい展覧会でした。
田島

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です