センスは知識からはじまる

グッドデザインカンパニー代表 水野 学さんの著書タイトルです。

“センス”とは、特別な人に備わった才能では無い。
それは、さまざまな知識を蓄積することにより
「物事を最適化する能力」であり、
誰もが等しく持っている。
と帯に書いてあります。
センスというのは生まれ持ったもので
センスの良い人は初めからセンスが良く、
センスの悪い人はずっとセンス悪いまま生きるしかない…
私は今の仕事を始めた頃は
そんな風に思っていました。
自分にはセンスが無い…自信がない…
センスの良い人にはかなわない…と。
ところが、そうでも無さそうなのです。
この本は、「自分はセンスが無いなぁ…」
としょんぼりしている人にとっての希望の本です。
客観的知識を多く取り込むことによって
センスは磨かれて行くのです。
普通、標準、王道、流行。
それらのものを見分ける目を磨くことで
どういったものが最適かを選ぶ力が養われるということ。
「最適化」がキーワードです。
センスが無いということで諦めてしまっている人に
おすすめの1冊です。
誠文堂新光社から出ている
「good design company 水野 学」

グッドデザインカンパニーの仕事とその方法論や考え方を
実際の制作過程などを見ながら知ることができます。
こちらもおすすめです。
エディトリアル・イラストレーション・ブランディングのご相談はデザインコンビビアまで
文:飛鳥井 羊右

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です