真夏の夜の動物園

夕暮れの頃、ライトアップの無い動物園の入り口。
いつもなら閉園時間の動物園に入園する。
普段より入場者が多いのではないかと思えるにぎわい。
いつも通りに、まずは右手のパンダ館から。

爆睡するシンシンとリーリー。
夜行性のカワウソは元気。
これから活動する梟。
バックヤードに戻りたがる虎。
眠い海獣。
夕涼みの猿。
仕事終わりのペンギン。
夜行性につき運動中のタテガミオオカミ。
昼間よりケンカが絶えないペリカン。
静寂の睡蓮。
今回の撮影課題は「暗い被写体」
フラッシュ無しで暗闇の動物にピントを合わせるのは大変。
AFが効かない動物にはマニュアルでピントを合わせるのだが
遅くなりがちのシャッターと動き回る動物、
更に視力の悪さからピンぼけかつ、手ぶれに四苦八苦。
撮影に時間がかかり過ぎ、半分くらいしか見られずに20時。
タイムアップ。
難しい。

文責:やまだ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です