何度もめくりたい絵本

『きいろいのは ちょうちょ』

『とうさん まいご』
『まどから おくりもの』
学生の頃、授業で
「自分の好きなもの」を発表する機会がありました。
何を持っていこうかと考えたとき
小さい頃、大好きな絵本があったことを思い出したのです。
それが、五味太郎さんの『まどから おくりもの』でした。
絵本のタイトルもどんなお話だったのかも
忘れてしまっていたのですが
色と絵のタッチは強く印象に残っていました。
その記憶をたよりに探し、
「この本だ!」と見つけたときには
懐かしい気持ちでいっぱいになりました。
写真の3冊は、どれも五味太郎さんのしかけ絵本です。
切り抜かれた部分から、奥の絵がのぞいている
シンプルな仕掛けなのですが
これが、とっても楽しいのです!


ページをめくるたびに起こる思いがけない展開に
今読んでもワクワクしてしまいます。
そして、やはり絵がすばらしいです。
不思議でポップな世界にひき込まれて
絵本のなかでいっしょに遊んでいるような気分になるのです。
『まどから おくりもの』は
1983年に発売されてから2007年11月の時点で207刷、
ミリオンセラーの絵本だそうです。
こどももおとなも、そして時間も超えて
心をつかんでしまう五味太郎さんの絵本。
本づくりに関わるものとしては
尊敬するばかりです。

田島

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です