リバイバル上映

コロナ禍、厳しい状況が長引きますね。
心の元気も大切ですから
色んなことに気を配りつつ
楽しいこと、嬉しいことを見つけていきたいですね。

「最近、感動したことは何?」

と聞かれたら、

「リバイバル上映で観た『もののけ姫』!!」

と即答します。

とにかく、感動。
ちょっとめまいがしそうなくらい、すごかったです。

「もののけ姫」の作品自体の素晴らしさは
好きな人にとっては「何を今更」という内容になってしまうので割愛します。

映画館で観た作品を
のちにテレビやパソコンでまた観るということはあるのですが
テレビでしか観たことの無かった作品をその後映画館で観る、ということって
名画座に行かない限り、なかなか機会が無いですよね。
私はおそらく初めてでした。

鑑賞して感じたことは、

やっぱり、どうしたって、悔しい(?)くらい
映画は映画館で観るのが最高だということです……。

(今これを打ちながら、コンビビアの映画館好きさん達の
「でしょー!?」という顔が浮かびました)

こんなに画面のすみずみまでが“作品”だったなんて、という衝撃。
テレビ画面で見ている時と、入ってくる情報量がまったく違うんですよね。もちろん、音も。
観る、というよりも、全身で作品を体験している、という感覚。
何度も観てよく知っている作品なのに、とても新鮮です。

鑑賞後、例の「現実に戻れない感覚」が強すぎて
なんかもう席から立ち上がりたくない…となりました。

動画配信サービスが充実している今、映画館から足が遠のきがちでしたが
やっぱり、映画は映画館で観てこそ完成するのですね。
気になる作品は迷わず映画館で観ておくべきだなあ〜と痛感したのでした。

田島

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です