山田の土いじり:7月上旬

さてトマト。

猛烈な猛暑続き。

雨もなく、土がカスカスに乾燥しております。

収穫は数日に一度の感じでするのですが。

枝にぶら下がったままドライトマトになるんじゃないか?

チョットシワシワになってるんですけど。

プランターのミニトマトは超順調です

なまじ甘いので、小さな羽虫が舐めにきて穴が空いております。

こういうのは穴のところをちょっと切って食べます。

シワシワやカサカサになったトマトもなかなか美味しい。

見かけは荒々しいですが、味は全然ミニトマトです。

これこれ、こういう絵が最高

黄色い方が虫に人気あるようで…

ヒョイパクヒョイパクしながら

八百屋に並んだトマトの仕上がりが、

いかに手間をかけているのかを実感してます。

肌がガサガサしてしまう

最近の作業は誘引と芽かき(と追肥)のローテーションで

トピックが少ない。

変化としては網をかけました。

ずばり、カラス対策です。

やつらは、小さかろうが緑だろうがとりあえずつつく

とりあえず用意できる分を

きゅうり、ナス、スイカにかけました。

(後日網を追加してトマト、マメ、とうもろこしなど全野菜にかけてありました)

奥の茄子の方にかけました

ここら一帯の畑を

カラスの軍団8~10羽が毎日のように襲来しており、

かぁかぁという鳴き声で周囲が騒然とします。うちの畑に来ると

父が追い払おうと叫んだり手を叩いたり大変です。

いくら父が頑張っても四六時中監視することはできないので

少しでも被害を少なくするため網をかけてます。

網をかけているのですが、収穫の様子をじ~っと観察していて

いなくなるとそこから首を突っ込んで野菜を食べるくらい

頭が良い。

頭が良いくせに、まだ食べ頃でない、

小指くらいのきゅうりの赤ちゃんを食べたり

まだ色づいてもいないトマトをついばんだり

きゅうりは中身をほじくって周りは残して食い散らかすので

なんとも、もったいない。

母曰く

「ちゃんと食べて欲しい」

いや。

まぁ、野菜を育てる側とすれば、どうせ食べるなら、

せめて美味しく食べてもらえればということなのだろうが。

斜め上をいく感想だな。

文責:山田

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です