COVIVIA COLOR 8
9/16

Convivia Color 89&&下絵完成下絵完成下絵完成 海洋開発研究機構ーー広報課ダウンスケーリングの結果3つダウンスケーリングという手法でのシミュレーションでは全体的な観測データと地域毎に観測した細部のデータから観測領域を「地球」→「日本列島」→「東北(など、地域)」と絞り込むようにシミュレーションします。「水の循環」「都市の熱」「雪の影響」といった観測の目的(場所や時期や条件等)に応じて限定したシミュレーションなども可能ということを広く伝える為のイメージイラストです。A3、レイヤー2層制作期間:92日間下絵の校正回数:「水」3校 「都市」4校 「雪」5校本画像の校正回数:4校イラストレーター:木下真一郎完成「ダウンスケーリングシミュレーションの観測イメージ」説明を聞くと、様々なシミュレーションが出来ることが分かる。その過程を1枚のイラストに収めるのは難しいので、3つのシミュレーションの結果をイラストに。 「水の循環」海や湖などから立ち上る水蒸気などを観測し、地域の降雨量などをシミュレーションする。「都市の熱」ヒートアイランド現象は勿論、ゲリラ豪雨の予測など。「雪の影響」風や雲の動きなどの観測から降雪地域や積雪量など様々なシミュレーションが可能。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です