convivia_color_7
7/16

CONVIVIA COLOR7「本」である事の面白さ。『100かいだてのいえ』『ちか100かいだてのいえ』いわいとしお 偕成社山田純一絵本という世界も、次から次へと新刊が発売される元気なジャンルではあるが、本当の意味で子どもたちの人気を勝ち得、何度も重版がかかる絵本は、実は少ない。 そんな中、発売から2年間で、57刷も刷られに刷られまくった絵本が有る。 それがこの『100かいだてのいえ』という絵本だ。 この本は、まず、本を横にして前に置く。 表紙を上から下へ下ろすようにひらく。 読み手は、主人公と一緒に、縦に長い見開きを下から上に、まるで100階建ての家を登って行くかのように、読み進めてゆく。そして、10階分上がり切るとページを上から下へとめくる。10階ごとに違う住人(生き物)が住み、その住人ごとに特色のある部屋を、その住人の生活を垣間みながら登ってゆく。と、100階で待っていたのは…そして、そこから見える景色は… ページをめくるという行為が、次の階は?次の階は?という子どもの好奇心を刺激し、細やかに描かれたイラストが、想像力と遊び心を刺激して。何度も何度もこの家を登って行く事を面白がる。 シリーズ2冊目の『ちか100かいだてのいえ』も同じように本を横にして前に置き、今度はページを下から上にめくって行く。 主人公の女の子と一緒に、見開きを上から下へと読み進め地下深くへと降りて行く。 作者は少し前まで、メディアアーチストとしてデジタルの世界の最前線で活躍されていた岩井俊雄さん、ウゴウゴルーガやDSソフトのエレクトロプランクトン、ヤマハのTENORI_ONなどを製作して来たマルチクリエーターでもある。僕が、かねてからリスペクトしている一人だ。「最近ナニしてんのかな?」と思っていたら…絵本作家なんかしてました。 出来上がってくる作品は、突飛で可笑しい(変)物ばかりなのに、中身は論理的で無駄がなく、全てに意味が有る。発想が柔軟で、目的のために取る手段の引き出しが尋常じゃなく幅広い。(結果、目的は最後までぶれない)技術的には最先端なのに高尚な壁がなく、スッと手が届くような柔らかい作品。そんな作風にいつも感心してます。 テレビの番組でも特集されているものを見た事がある。しゃべり方も物腰も柔らかいくせに、言ってる事が面白くて「なんだこのおじさ「アイ・ラブ・カラフル・料理の本」沢田寛子「料理の本」コーナーでまた出会ってしまった一冊の本。今日は「またか」と言われそうな、そんな一冊です。 一冊丸々、「タジン鍋」で作る料理を紹介した、正方形に近いこの本はカバーからして、とってもカラフル。男性スタッフからは、「料理の本にこんな色を使うなんて、考えられない」と一言。 でもこの本を店頭で見つけ、「何ていい色!と感動し手にとってパラパラとめくり、見開きごとの写真と、その色使いに「キャッホー!」と喜び「タジン鍋」も持っていないのにレジでお金を払ってしまった人が現実にここに存在するのです。だからこの本はこの世に出て来て良かったのだ、と私は一人で考えました。 「タジン鍋」の故郷は、北西アフリカのモロッコです。一度見たら忘れられない、とんがり帽子のようなとてもかわいい形をしています。砂漠の先住民が、少ない水で美味しい煮込み料理を作るために考えた、と言われています。食卓の真ん中にタジン鍋を置き、ちぎったパンでお肉や野菜をすくって食べるのが、モロッコの夕食だと本には紹介されていました。家族で一つの鍋を囲むのは、日本の情景に似ていますね。 本で紹介されている料理はバリエーションもとても豊かです。また料理によって写真の撮り方や、バックの色、テーブルクロスなどのセンスがとてもいいのもこの本の魅力となっています。 「あ〜、こんな食卓に招かれたい!」ではなく、自分で作って招かないとね。でもその前に、「タジン鍋」を買わないと…んは?!」と驚愕したものです。この人の人間力にもリスペクトしてます。 あー。話が尽きない。 えーと。つまり電子書籍だ、タブレット型端末だ。スマートフォンだ。と技術や物に振り回される自分が情けない。そういうことです。 面白さや好奇心は、技術や物ではなくて中身に在るのであって。器が足りていればなにも、最新技術や最新機器でなくても十分。むしろ、面白さや好奇心の本質を、ドウすれば伝えられるか。アイデアと工夫。そこが大事なんだなー。 デザインも要はその「本質」とか「核」とか「伝えたい事」をいかに自然に、スッと贈れるか、深い所へ届けられるかが肝で、それは道具やメディアが変わろうともやる事は変わらないお仕事、という事です。 この絵本は、本てまだまだ色んな可能性があってアイデアと工夫次第でどこまでも面白くなるというお手本です。本づくりのプロと言う立場にいると意外と発想が凝り固まって、先が見えなくなってしまうものですね。創造の限界をあっさり作ってしまいがちな思考にもっと風を通さないと。。。 脳が元気に、自由に創造できるように。楽しく、面白く、創造する幸せをもう一度。 まとまった? てない?

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です