convivia_color_7
4/16

CONVIVIA COLOR4例によって古本屋の書棚を眺めていると向こうから手が伸びてこちらが引き寄せられるという本がある堀木一男1冊は 椋 鳩十『夕焼け色のさようなら』伊那谷から北アルプスに沈む夕陽の装幀で 児童文学界の重鎮である著者を理論社の社長の小宮山量平自らが編集して作った本だ 副題が 椋先生が遺した33章 になっている椋さんが亡くなったのが1987年とあるからもう四半世紀前の本だ亡くなった椋さんを追悼して作ったものだろうこどもならず大人達まで魂をぎゅっと捕まえてしまう椋文学はどこまでも息づかいがナチュラルだ 力んだりミエを切ったりというところがなくほのぼのとあたたかい装幀もサインペンでかいたような柔らかいタッチの書体だ多少野暮であり格好よさを求めていないそのままが大事にされている デザイナーにとっては難しい装幀ではないだろうか書名はアルプスの少女ハイジに出てくるお爺さんの言葉であるこの世でもっとも美しいのはお日様が全てのものにさようならのあいさつする夕焼けだよ からきている小宮山にとって椋こそ少年たちの魂に語りかける術を持ったお爺さんであり太陽だったのである 人間の美しさとは何か心とはなにか 深いところが浸みるもう1冊は 覚 和歌子『ゼロになるからだ』この本は装幀がナチュラルなものを提出しているが椋の本とは対極のデザイナー好みのシンプル志向である異形の粘土の面と空間たっぷりのさっぱりした空間が気持ちよい感覚を捕まえる計算が何もないところに隠れている都会的で洗練がある生きている不思議と死んでいく不思議を両方から思い描く気の流れが横溢しているみずみずしい物語詩だ そのひとを愛するときは 死んだ人を思うように  けれどいつかまた逢えたら やっぱりめちゃくちゃにだきしめてしまうだろう そのときはもう 大切なものをわざとすこし乱暴に扱うように 背中なんかを ぱんぱんたたいて あなたが本当に死んでなくてよかったと そのことだけで うれしいといい ・・・という感じで歯切れがいいふと最後の詩をみたら いつも何度でもと書いてあった 呼んでいる 胸のどこか奥で いつも心躍る 夢を見たい   ・・・あの 千と千尋の神隠し テーマソングの作詞者であった本魅力的な本たち。秘密はブックデザインにあり?

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です