convivia_color_7
2/16

CONVIVIA COLOR2『小村雪岱とその時代』展山田純一2009年12月15日から2010年2月14日まで、埼玉県立近代美術館にて催された小村雪岱展に「偶然」行った。 全くの予備知識無し、偶然とたまたまと、気まぐれが重なって行った美術館でやっていた展覧会でした。 美術系の雑誌で特集されていた事だけは覚えていて、最近の日本画家かな。くらいの感覚でいました。オムラセッタイだと思い込んでいたら「コ」ムラセッタイと読むらしい。 そこまで無知だった事もあってか、先入観やよけいな価値観を待たずに作品を見る事が出来て、純粋に感動出来てとても良かった。 というか、若干興奮気味に、静かな(人もまばらな)フロアで一人、舞い上がってました。 泉鏡花の著書の「装幀」のクールさにクラクラ。「カッコイイ!」 人を描いていないのにドラマチックな「風景画」にガクガク。「カッコイイ!!」 アングル、トリミング、場面描写、細筆で描かれた挿絵にアワアワ。「カッコイイ!!!」 つんと澄ました日本美人の描画にドキドキ。「モエーーーーーー!!!!」 人一倍「絵」や「イラスト」を見て来た(と自負する)僕が、久しぶりに「絵」を見て盛り上がってしまった。 明治、大正、昭和と生きた、マルチ日本画家・小村雪岱。その名を深く心に刻みました。 「絵」を武器として縦横無尽に腕を振るい、装幀から挿絵、デザイン(資生堂に在籍していた)、舞台美術と、多彩な活躍をしてみせた雪岱。 カッコイイ・・・。      (photo 1,2)「抱きしめたいデザイン」沢田寛子日々目にする色々な雑誌や本、広告や中吊り。思わず惹きつけられる人や物、形や色。 そして形や色でも、「ちがう、ちがう、私がいいと思うのはもっとこういう感じで、こういう色…」。人それぞれの「こういうの」というのはあるはず。 好きな色や形は、いつ頃から芽生えるものなの? その人にとって「ピタッ」とくるものはどこからくるの? でもそれに出会った瞬間、思わず立ち止まってしまい、昔から知っていて、ずっと会いたかった懐かしい大切な友達と再会したような衝撃を受けます。 子供時代をスウェーデンで過ごしました。その時に見た色なのでしょうか、感じた形なのでしょうか。オーレ・エクセル氏の作品を見た時に、この懐かしさがこみあげてきたのです。 スウェーデン人のグラフィックデザイナーのオーレ・エクセル氏は1918年生まれで2007年に89歳で亡くなっています。 14歳の頃からすでに広告の仕事に憧れていたオーレは第二次世界大戦開戦の年に開校したアートスクールに入学し、世界大戦の終わった翌年には当時グラフィックデザインの先進国だったアメリカに渡ります。「新しい世界を見たい」そんな思いを携えてわくわくしながら大西洋を渡ったことでしょう。 「グッドデザインは単に美しいだけでなく経済効果もあるものである。グッドデザインは単に美しいだけでなく非常に真剣なことである」お菓子メーカー・マゼッティの国際コンペに優勝したこのシンプルな「目」はそのことを語っています。 オーレは自分で肖像画を描くのが苦手、と言っています。でもなぜか鳥をモチーフにすると、その人の特徴を上手に表せたそうです。面白いでしょ。どの作品も「じーっ」と見ていると引き込まれます。 温かいなあ〜、優しい気持ちにさせられます。愛情がいっぱいです!     (photo 3,4,5)絵ゆっくりと眺めたい大好きな色、気になる形。13452

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です