convivia_color_7
10/16

photograph &CONVIVIA COLOR10白川義員 世界百名山堀木一男登山が趣味という人間ではない中学生の時林間学校で霧ヶ峰に連れて行かれたときもひたすら山道を歩かされ地面ばかり眺めてこの苦行はいつ終わるのかとばかり考えていたことがあったあれから幾星霜 里山や森にでかけるのは大好きになった尾瀬や上高地にも連れて行かれ自然の美しさや そこにいるときの和む気持ちはなにものにも代え難いここ数年ネパールに行く機会が与えられたが飛行機でみたヒマラヤの峰々が人々を引きつけるのはなんであろうカトマンズからへりでダウラギリの麓の村に飛び アンナプルナ山系の峯々の間をヘリで漂ようときの 変貌する大自然の造形に神々の住まいを直感したたまたまNHKの番組で白川が百名山の撮影に挑んでいる映像をみる機会があった ネパール空軍の援助をうけて綿密なタイムスケジュールで日の出の時刻にあわせて山頂めがけてフライトするわけだが 数分の遅れがいのちとりになる地獄の竈のように燃え上がった真っ赤な山の姿をとらえるのは難しい 8000m級の山並みをめざしカメラを座席にくくりつけ酸素マスクをしながら飛行機の窓を開けて撮影するなど 高い危険が伴うできた写真を見ればわかる この人だけに許されたまさに命がけの写真である 山の写真が人を引きつけ息をのませる地球が生きていることを 見ることで魂の深いところに届く感動があることが伝わってくる映像である印刷が印刷を超えている素晴らしさだ 

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です