CONVIVIA COLOR_4
12/16

12Convivia Color 4「サイトカイニンが食料危機をコケが環境汚染を救う」RIKEN NEWS 2008 August No.326掲載穀物の収量アップを目ざす右下の構造図はサイトカイニンという植物ホルモンです。この物質が稲の収量に関係しているらしいです。これをコントロールすることで穀物の収量をアップさせることができ食料危機を救えるかもしれないとのこと。具体的な成果が期待できる楽しみな研究です。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です