CONVIVIA COLOR_2
13/16

岩手県、南部鉄器。漆で施された表面の処理が手に馴染む兎の底に大城山の彫りがありますが、出所不明韓国語の版がデザインされた封筒(韓国製)浅草で手に入れた木版によるのし袋版画家、野中光正氏のぽち袋。同じ柄は無い。(▼裏面)高知県、土佐打刃物ナイフ文鎮文鎮文鎮

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です