CONVIVIA COLOR_1
12/16

12CONVIVIAL COLOR 1 NEPALツクチェ、マルファ荒涼たる豊かさ舗装道路はひとつもなかった 4駆でなければ走れない荒れ地であるかつてアフリカの難民キャンプで働いていた友人が 道路のへこみを避けようとして車ごと路肩に落ち 横転して彼だけが亡くなったそのときももし救急車が5分で到着していたら助かっていたかも知れない もし日本ならでもアジアやアフリカの道なき道の意味がわかれば僕たちはきっと謙虚にならざるをえない 大きな落石があったり倒木があったらまず通れない 別のルートは考えられない通報する相手もないし助けもない解決のめどがまずたたないと思わねばならない車が動き 目的地に達し宿につくこと それはまさに神の祝福と感じなければならない車の荷台ででこぼこ道を尻に感じつつ ゲリラのようにマスクをして埃をよけながら 大型貨物として運ばれるのだこの荒行に耐えて外に立つと途方もない荒涼が待っている 高く広く奥行きがある無尽蔵な荒涼が清々しい寒さや厳しさが似合う荒涼の前で初めて自分の小ささに安堵することができる

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です