CONVIVIA COLOR_1
11/16

11CONVIVIAL COLOR 1 NEPALカリガンダキ広大な河原/牛のみちから車の道へダウラギリ山とニルギリ山の間を流れる広大な川である乾季には水平な数百メートル幅の河原が出現してわたしは24人乗りの軍用ヘリコプターでこの河原に着陸した標高およそ2500m ダウラギリは8000mを越えニルギリは6000mを越しているこの広大な河原は標高の高い山里では道であるかつては牛やロバの背中に岩塩がくくられ 通過する隊商から通関税をとって この地域のタカリ族は巨万の富を得たという 牛やロバが歩くたび響かせたベルの音はまるで天女たちが遠くで奏でている音楽だ村の道を歩いてみると 急勾配や狭い峠道など石畳の道や泥の道等がとぎれとぎれに繋がった悪路である人間や動物の足でしか進めなかった道なのであるしかしここ数年4駆車が出没して生活物資が運ばれるようになりつつあるらしいすこしづつ便利になればなるほど 文明の波が押し寄せ村の生活は安心と便利さと引き換えに間違いなく 貧しくてものどかな生活が失われるだろう子どもの学資のため現金収入を求めて一家が離散することもある車の道が世界を変えてしまうのである道Photo: OKANO Yuzo

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です