• コンビビアが大事にしたいこと
  • デザインのこだわり
  • 会社概要
  • コンビビア社史
  • スタッフ紹介
コンビビアが大事にしたいこと

社名のこと
会社名のConviviaは、英語のconvivialityからとりました。
「宴会好き」や「陽気さ」といった意味もありますが
もう一つ別に「のびやかさ」という意味があります。
のびやかな社会は、管理されるのではなく、自立的であり、共同的な社会です。
私たちはこのことを旗印としてそれを社名にしました。

ワークライフバランスのこと
私たちはconvivialityという言葉と共に、この30年間を歩んで来ました。
多様性が許される社会がのびやかさを育む、ということを学びました。
多様性は私たちスタッフ1人1人にもいえることです。
お互いの個性を認め、尊重し、会社全体の向上を目指してきました。
あるときは、1人でじっくりと考えながら作り込むことの必要な仕事を
そしてあるときは、みんなのチームワークが要求される仕事を
どんなタイプの仕事にも、みんなで対応したいと考えています。
仕事が終わってからのスタッフの1人1人の時間も大切です。
その時間の使い方も、明日への活力の大切な時間と考えているからです。
育児をする社員が働きやすい職場を目指し、仕事と生活の両立を実現出来、
その人が社外でも活躍出来る会社を目指します。

相手にとって良きパートナーとなるために
私たちは相手にとっての良きパートナーであることを望みます。
一緒に仕事をする上で、お互いを尊重し、共通の目的を目指すことはとても大切です。
常にコミュニケーションを大切にして、「良いパートナー」となろうと努力してきました。

信頼を得られる会社であるために
会社が健全にその責任を果たしていく上で、経営や財務の公正性、健全性、
透明性などを守ることに努めます。情報のセキュリティ管理の体制などを取り組むことで
社会から幅広く信頼をいただける会社であることを目指します。

私たちの社外募金活動(CSR)
会社創立間もない頃から毎年担当を決め、募金活動を行ってきました。
募金の相手先は小さな民間のグループから、NGOや財団法人まで様々です。
1人1人の金額は少額であっても、一年間集まると、まとまった額になります。
集まった募金総額と同額を会社から出し、その年の合計金額とします。
募金の配分はみんなで相談し、各団体に振り込みます。